Xperia PをJB(Android 4.1)化してこのサイズに再度惚れる


国内では未発売だったもののアルミボディ、低価格なのにそこそこいいXperia Pは隠れたヒット商品になっていました。
そのXperia PがXperia Zと同じAndroid 4.1にアップデートが開始された。
今回は公式アップデートなので手順と言うよりは感想のほうを述べていきます。
まぁ私の場合は前のアップグレードでモニョモニョやってたので公式アップデートじゃなかったですけどね。





SonyPC Companionに接続すればアップデートの案内が来ます。
私の場合このまま進んでもエラーが出たのでいつもどおりのROM焼きになりました。

アップデート後はXperia Zと同じロック画面になりました。
アップデート自体は数分で終わるのでXperia Pをお持ちの方は是非是非トライしてほしい。
デュアルコアのXpera Pですが動作に遅さを感じない。
主な変更点

・ホーム画面

カスタマイズ方法もXperia Zと同様ですし
WALKMAN、アルバム、ムービー、Sony Selectも同様に搭載されています。

ただムービーアプリはデジタル放送のセキュリティに対応しておらず
レコーダーやnasneからの視聴ができない。

Xperia Z SO-02Eとは違い上部のツールアイコンが少なくシンプル。
・ロック画面

Xperia Z同様に上になぞるタイプに変更されました。
音楽やカメラはそれぞれ反対側になぞる。
・電源管理

Xperia Z SO-02Eには無い省エネモードを搭載。
意外と使えそうな機能は「低バッテリーモード」くらいですね。
端末サイズ


Xperia Z、Xperia P、Xperia arcを並べてみると。
Xperia Zデカイ、今はもう慣れてしまったけどXperia Pがかわいく見える。
Xperia arcは高さは同じなものの横幅が小さくて
やはり包み込む感じで持てるXperia Pは良いサイズだと思ってしまった。
コンテンツ遊びには向いてる5インチサイズですが「もしもし端末」はXperia Pくらいがちょうどいいですね。
おまけ・Xperia Zタワー
積めばいいっていう問題ではないだろ

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です