マイクロソフトが次世代ゲーム機 「Xbox One」発表 2013年に発売


マイクロソフトは2013年に新型ゲーム機「Xbox One」を発売すると発表しました。
Xbox 360の後継という位置づけで価格の発表はなし。Q&Aを見ると互換はなしとのことです。
大きな特徴としては2つ「クラウド」「ジェスチャー&音声」とのことです。
またXbox360では外付けドライブまで出したHDDVDではなくBlu-ray Discドライブが搭載されるとのことです。


スペック


発表されている中ではCPUは8コア、RAM 8GB、HDD 500GBでBlu-ray Discドライブを搭載。
USB3.0やHDMIなど今回は最初から上位な端子を持ってくるようで、ギガビットLAN、無線LANも標準搭載。
Xbox 360への互換はなく、最先端のプロセッサとクラウドの力を楽しんでいただきたいとのこと。

クラウド

既にQ&Aがマイクロソフトで出ているので見て行きましょう。
常時ネット接続
必ずしもインターネットに接続する必要はない、ゲームも映画もテレビも楽しめるようにはなっている。
しかしインターネットに接続は必要で常にクラウドに接続して楽しんでもらえるエンターテイメントシステムとして設計しています。

クラウド接続は何ができる

ゲームやシステムの自動更新が行われますのでダウンロードやアップデートを待つ必要はない。
ゲームとコンテンツを保存するとクラウド上にも保存されるのでどのXbox Oneからもアクセスできます。
あとは対戦やログなど現在のコミュニケーションがあるとのことで上記2つが注目するところですね。

システム面


やってしまった感があるWindows RTのホーム画面っぽい作り。
ゲームとしては使いやすいと思いますけどね、タブメニューを見るとマイクロソフトの言うとおり家の中心においておく感じの作りになっていますね。

またXbox Oneはゲーム用とそれ以外のコンテンツ用の2つのパーティションで分けられておりそれぞれ別OSで動く。
それによりゲーム画面を起動しながら画面分割した小画面にSkypeチャットをするなども可能。
しかしゲーム機起動するのに声でっていうのは些か・・・「XBOX ONE 起動!!」どこぞのアニメだ。

まとめ

まだ価格が発表されていませんがまだ見ぬPS4本体がE3で発表されるなど、2013年は次世代ゲーム機戦争となりそうですね。
Xbox OneもPlayStation 4も似たようなスペック、KinectとEye必須とますます差が無くなって来ました。
Windows RT端末とPSVita端末を組み合わせてくるような使い方も出てくるでしょうし
既に発売しているWii Uも無理やり土俵に上がることになるでしょう。


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です