Xbox Oneまさかの方向転換、中古ゲーム売買可能に!


Xbox Wireで書かれていたの衝撃の展開。
「Your Top Questions Answered」と題されたページに変化がありXboxコミュニティからのフィールドバックの結果としていくつか更新しました。
あの中古ゲーム対策や常時接続の必要性がなくなった模様です。



2013年のE3の発表でここまでかというほど盛り上がらなかったXbox One、やはり批判の声が多かった「24時間に1回のネット認証」、「ディスク版ゲームの貸借や売買制限」を廃止する模様です。

24時間に1回のネット認証

たとえオンライン対戦しないゲームでも必ず24時間毎に1回はオンライン認証しなければいけない

ディスク版ゲームの貸借や売買制限

ゲームの貸し借り、譲渡はフレンド登録30日経過していないとダメだったがそれも廃止。
オンライン版はもちろん譲渡や中古には出せない。

焦りの見える苦肉の策

コミュニティの意見をフィールドバックしたということですが、E3発表時の価格発表ダダスベリや様々な制限での落胆の声の後にPS4の価格発表やXbox Oneではダメだったオンライン認証も売買制限もない!という発表のされ方をし全体的に持っていかれた形になった。
PS4の価格発表、制限なしの時なんて会場で拍手喝采でしたからね。
あのXbox Oneのしらっとした感じはやはり危機感を覚えたのでしょう。
まぁこれで次世代ゲーム機違いは100ドルの価格差だけとなりました。
キネクトが付いているXbox Oneがキネクトをうまく使うゲームが出るか、PS4の社外製タブレットとゲーム連携がうまく出来るかがそれぞれのゲーム機の課題だと思う。
しかし、Xbox OneのOSがWindows 8をベースにしてるとは。。。
もうPCゲームでいいんじゃないの?しかもGPUがOneに使うAMDじゃなくてNvidiaとか汎用性高いな。
モニョモニョすれば普通のWindows機でXbox Oneのゲームが遊べてしまうきがする。


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です