大人気!ソニーデジカメの後継機 Cyber-shot RX100 M2発売!


発売以来、海外でも高評価の1インチの大きいセンサー搭載の「RX100」の後継機『DSC-RX100M2』が発売されます。
CMOSセンサーが裏面反射型に変更され、マルチインターフェースシューやWi-Fi、チルト式モニターなどが追加になったようです。

RX100より進化!RX100 M2


RX100 マークツーと読むらしいですよ。個人的にはRX100 Mk2にして欲しかったなぁ。

RX100はコンパクトデジタルカメラとしては大きい1インチサイズ(13.2×8.8mm)のセンサーを搭載。

F1.8-4.9と広角側は非常にに明るいカールツァイスレンズを搭載し一眼レフのカメラのような綺麗な写真が手軽に撮影出来ます。
もちろん一眼レフと同等とはいえませんが、デジカメより一段上の写真をと思うにはちょうどいい。

光学3.6倍ズームで一眼レフでいうと焦点距離28-100mmの広角と中望遠の撮影ができる。
デジタルズームが2倍とのことで最大7.2倍相当の全画素超解像ズームとここまでは同じなようです。

進化したカメラセンサー


1インチのサイズは変わらないが裏面反射型CMOSセンサーに変更。
これにより1段階分感度があがり、ノイズの改善がされました。
夜景や室内など暗い場所で撮影するときに便利なのが裏面反射型の特徴。なので特性的にはISO数値が高い高感度寄りのカメラになります。

一般的に裏面反射型は明るいところじゃ~みたいな事言われてましたが同じメーカー同じ機種で裏面反射型と表面反射型が比べられるいい機会だと思います。

これで明るい所で裏面反射型(RX100M2)と表面反射型(RX100)で大差なければ裏面反射型CMOSセンサーのカメラでいい!となればいいのですけど。
普通なら型番が変わって古い機種がなくなるのにRX100とRX100M2は併売されるようなので実際にセンサーの差があるのかもしれませんね。
余談ですがRX1(ローパスフィルターあり)もRX1R(ローパスフィルターなし)と併売されるようだ。
完全に比較できるいい機会ですよ。ソニーさん貸してください。

感度がやや高感度寄りに


RX100はISO125-6400(拡張ISO80まで、低照度時ISO25600相当)だったのがRX100M2ではISO160-ISO12800(拡張ISO100、125、低照度時ISO25600相当)とやはり裏面反射型ということで高感度寄りに1段階修正されている。

進化したボディ


アルミボディというところは変わっていなく、ポップアップ式の内蔵フラッシュも搭載されたまま。

チルト液晶モニター


ソニーのデジタル一眼カメラのαやNEXでも使われている「チルト液晶モニター」を採用。
従来よりも自由なアングルでも液晶モニタを見ることができる。

拡張性豊かなシュー


マルチインターフェースシューを搭載されているのでデジタル一眼カメラαで採用されているアクセサリーや他社製のフラッシュも使えるものもあるようです。

こちらに対応する有機ELファインダーも発売されるようです。

豊富なアクセサリー


ちょっとおしゃれにホールド感を高めるアタッチメントグリップAG-R1
ただ両面テープとのことで不可逆的要素が…。

49mm系のフィルター装着アダプターVFA-49R1
これで様々なフィルターを取り付けられる、レンズ保護、円偏光、NDフィルターなどを使い撮影が可能になりました。

併売の弊害


こう、併売じゃなくて後継機という事なら価格据え置きだったのかもしれませんが併売ということなので価格を頑張らずにRX100より1万1円高い74,981円でソニーストアで発売。
まぁもう1万1円高くなったのは色々付加価値増えたから仕方ないとして1円って何!1円切り捨てて!切り捨てて!
ソニーストア

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です