超高速SSD搭載VAIO Pro 13のベンチマークを計ろう!


2013年夏モデルのVAIO Pro 13。Ultrabookのくせにかなりのスコアを出すんじゃないかと期待はしています。
今回はSSDベンチとモンスターハンターフロンティアオンラインのベンチマークの2つ。
ベンチマークなんてガリガリ回したって別にど比べ用もないですからね。
それでは早速図って行きましょう!


メーカー直販でカスタマイズするという選択


「SSDごときで超高速とか言わないで欲しい、今はどこのメーカーでも積めるじゃん」と思っている方。
あとたまに見かける意見で「VAIO ProはいいけどSSDの容量が少ない」と思っていたら
VAIOはね、店頭モデルなんて買うもんじゃないんですよ!メーカー直販で買うのがVAIOなのです。
店頭モデルはCore i5 4200U、SSD 128GB、メモリ4GBです。
今回私が買ったモデルはCore i7 4500U、SSD 256GB、メモリ8GBです。
SSDは更に大容量な512GBも選択出来ます。

CPU


VAIO Pro 13のカスタマイズではCore i7 4500Uを選択しました。
Ultrabook向けのHaswell CPUでソケットはマザーボード直付のBGA 1168

MHFベンチマーク


さすがにCPU内蔵のグラフィックでフルHDのゲームというのは難しいので1280×720
スコアは最高で1919、3回回したけどコレが一番高かったですね。
Core i7 4500Uに搭載されているグラフィックがHD4400なのでこんなものなんでしょうね。
やはり処理が多い所ではカクカクしてるなと気がつくレベルでした。
結論としてはUltrabookでゲームなんて考えるのではない!

超高速SSD搭載


SSDが速いって知ってるよ。なんで今時「超高速」なんて古臭いことを…。
違うんです!本当にVAIO Pro 13カスタマイズモデルのSSDは速いのです。
店頭モデルとカスタマイズモデルのSSD 128GBはそこら辺のノートパソコンと同じストレージ用のSATA3 6.0Gbpsの接続。
ただカスタマイズSSD 256GBと512GBはPCIe接続とかなり高速な接続を使っています。

速・・・チョッパヤ・・・。
1GB分のデータを1秒で読み込むし、1.5秒もかからず書き込む…。
DVDビデオデータなら5秒で全部読み込んじゃうし書き込んじゃう。怖いね。

一応2012年のノートパソコンHDDモデルをIntel SSDに載せ替えたもののベンチマークを掲載。
約4倍・・・。

買うならやはり直売


VAIO Pro 13に関しては買うならばやはり直販モデルをおすすめしたいですね。
いくらUltrabookのCPUが高性能になって来たといっても所詮UltrabookなのでCPUは盛々したいところですし。
今回のSSDは256GBなら1.5万で上げられるので是非是非この高速SSDを使っていただきたい。
ソニーストア
◇関連リンク◇
VAIO 2013年夏モデルProとDuoの記事一覧

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です