旅するカメラRX100 上高地・松本 -2日目-


安曇野のソニーイーエムシーエス 長野テクノロジーサイト見学の翌日、朝5時に起きて上高地に出発!
なぜか?俺が行きたかったからだ!下界は暑い。しかし上高地は夏でも20度前後なので涼しい!
涼しさ求めて出かけてみると寒さを感じる気温でしたが、久しぶりの自然にワクワクしつつ、山登る気なしの装備でいざ!




tps://picasaweb.google.com/lh/photo/gkFRMfqkRYXJUC4WNnrnwoby_aLCg7QCD8s6R-yZPPk?feat=embedwebsite”>
もう絶対にアウディTTの後部座席には乗らない。この日は男が更に一人加わりました。
最初は電車とバスの予定が自家用車になるという便利さ!でもねアウディTTは男三人には狭いのだよ。
さて余談は置いときホテルを5時すぎに出て、駐車場でタクシーに乗り換え大正池についたのは6時40分の事。
生憎の曇り空でしたが寒さを感じる半袖軍団が登山者の中に入り混じりながらの河童橋までの4kmを行きます。

大正池-河童橋間は高低差も気にする程度ではないのでトレッキングというよりはハイキングですね。
大正池の標高1490m、河童橋は標高1500mなので4km進んでも10mしか登りません。

石を丸呑みする木。苔って落ち着きますよねぇ。

鴨、人懐っこい鴨。何が悔しいかって先日発表されたNEX・Eマウント用の16-70mm F4.0 Zeissが上高地で撮影していたらしく…。
そちらは晴れでした!海外で撮れ!ネタ被りとか!(´;ω;`)ブワッ

ズームじゃないよ!28mm相当の画角で撮影してます。
人間に慣れすぎですこの鴨。

逃げ出さずにその場で毛づくろい…。

そしてこのドヤ顔…。多分10分近くこいつと戯れていた気がします。
RX100のすごさは、ふつうのサイバーショットだと輪郭がやや潰れてしまうのに、拡大しても羽根の一本一本が綺麗に見える。

誰だこんなところに石を積んだのは…。

梓川沿いのコースと田代池への分岐点。
ちなみにこの1分後に俺迷子になる。

というのも二人はこの田代池へ行かないという勿体無い事をしたようだ。
知らん、どうせ一本道走れば間に合うだろう。

まぁ途中で連絡があり結局ふたりとも田代池見たいというね。
そして田代池から本線に戻ってきて・・・川の上!
先人の知恵なのでしょう。川の中に石で足場が組んでありました。
それなのにせっかくの焼岳も雲の中…。

水がきれいなのでエメラルドのような輝き。手前も水があるのですが澄んでいるので水が見えない。

倒木に他の草木が生える。

あぁお迎えがきたようです。このブログは本日で終了しますP…
いやいや続けますよ!

道中の写真多すぎるので大幅にカットしていきなり河童橋。
晴れなのに、穂高連峰は曇り…。トレッキングしてる人大変だろうなぁ。

おっちゃん!冷やしXperia Z一丁!

はいよ、冷やしXperia Z!本当に冷えました。冷えすぎて困るぐらいに。
艦これの遠征させた時に発生した熱が瞬間でなくなる冷たさ。
ソニーモバイルさん、広告にいかがっすか?

粘ってみたけど晴れることはなくリベンジを固く心に決めた。
だがそれには燃料がいる、ご飯を食べに行こう。

はい、すぐにご飯を食べ、上高地BTに行き、足湯入ったりしましたがおっさんどものキャッハウフフは見るに耐えないのでもう帰り。
この日は踏切事故の影響で列車の出発が15分遅れ。

快適な列車の旅を満喫して帰りたいと思います!ちなみに新宿についたのは64分遅れの19時20分。
あと56分遅れれば特急券払い戻しだったのに(#・∀・)
今年の夏休みはかなり出かけたので楽しかった、旅するカメラRX100も今回で一旦終了。
秋の紅葉、冬の雪景色を撮ることがあれば、またみなさんにお付き合いいただきたいと思います。
ソニーストア

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です