「VAIOの里」長野テクノロジーサイト見学!


VAIO DUO 13の発売を記念して購入者を招待!というイベントが8月にありました。今年の夏、私はVAIO Pro 13を購入したのでまず応募すら無理。
しかしVAIO 2013年夏モデルProとDuoの記事一覧を見ていただければわかると思いますが
何故かVAIO DUO 13の開封からレビューまでできちゃってるんですよね、無論あの方からの借り物です。
そう、いつも終わる終わる言ってる「このブログは本日で終了しますZ」の管理人タケシさんが当選し、同伴者OKだったので金魚のフンの如く付いて行きました。
普段目にすることがない舞台裏を少し覗いて見たいと思います。




長野テクノロジーサイト



当日の行動はレクリエーション→開発担当者などからの説明→工場見学→製造体験→かいさーんと2時間コースでした。
ちなみに上の動画はVAIO Duo 13の耐久試験動画、ちょくちょく説明として使うので貼り付けておきます。

この画像はVAIO耐久試験動画に出てくるワンシーン。
これをやっている方が目の前で実際に同じことをやってくださいました。動画では「どうせ手を抜いてるんでしょ?」とか思われますが
動画の2割増の力で腰を使ってひねりに行ってましたが、本当に折れない。

この写真はソニーの方が撮影しお土産としてSDカードに入れてプレゼントされた一枚。
私の顔を見ても誰も特をしないのでカットしました。

VAIO DUO 13のモニタ組み立て体験、この他にもビス止め、タッチパネルテスト、シール貼りなどいろいろやらせてもらいました。
さて、このモニタ組み立て工程の時に起こった事。

↑これを実際にやってもいいとのこと!ヒャッハー!!
しかも動画みたいに鍵なんて生っちょろいものではなく先の尖ったピンセット。
突き立てて擦ろうが何しようが傷がつかない。。。いや本当に!動画で撮影したいくらいやったよ!
「VAIO Zの後継機まだかーーーー」って言う気持ちを込めて。
傷つかねぇんだなぁ…。彫刻刀のように抉る作業したら傷というか掘れちゃうんでしょうけど
あくまでも鞄の中に入れて擦れた時の実験ですからね、ピンセットを立てて擦っても平気なのですから保護ケースとか要らないですね。
↓これくらいの鋭いのにねぇ…。


そんなこんなでVAIO DUO 13がすごいのがわかりました。
時間は早いものでさっさと過ぎてしまい帰路。

VAIOの里の石碑があるのですがここでタケシ大先生、おもむろにVAIO DUO 13を載せる。
と言うかこの方、二度目で顔を覚えられている模様、駅に迎えに来た方から工場の方までまぁ声が掛かる掛かる。
この写真は『「VAIOの里」工場見学に行こう!見学・体験レポート』のページにある『「VAIOの里」の石碑の前で撮影される様子』に写り込んでいるのと同じ時です。
と言うかこのページにタケシ大先生と私の後ろ姿が…。

プレゼントもあり、同伴者の私にもあるというソニーの太っ腹。
写真立て!SONYロゴがありますよー、が!そこじゃないSONYロゴなんて自分でなんとでもできる!

でもこれ!「Azumino」ロゴ、これだけはここ限定。しかも「o」はマウスの形!マウス今売ってないのに!
俺のVAIOにこのロゴ入れて欲しい!!VAIO Z11も安曇野モデルなので是非に是非に。

購入者は更にデジタイザースタイラスの安曇野モデル!いいなぁいいなぁ。
まぁVAIO Proには使えないのでもらってもどうしようも…というかもらってたらVAIO DUO 13買わなきゃいけない気になってただろう。
と、ここまでが工場のお話

一日目長野県松本市


担当者などと「このあとどうするんですか?」とやりとりやアンケートにも「観光しましたか?」などとありました。
無論YES!!観光しないで帰るなんて勿体無い!長野観光!
松本城の写真ばかり、暑かったので動きたくなかったのです。

夕方5時までホテルで寝て松本城で夜景撮影の練習。
私α77+RX100、大先生α99+RX100M2…。おかしいな、去年NEXしか持ってなかったぞ、あの大先生。
あと松本市内で予約したホテル・ルートイン、スタンダードのシングルなのにテレビが40インチ!ブラビア40EX750でしたよ!(2013年8月現在)
思わぬ出来事でウハウハしていました、ビジネスホテルで40インチのテレビなんてそうそう見ませんからね。
旅するカメラRX100 松本・安曇野 -1日目-

二日目長野県・上高地


二日目は上高地に行きたいと前もって言ってたので上高地へ。
涼しいの!いや、寒いの。朝早く行ったのでかなり寒い。夏なのに寒い。だからこの山は好きよ。
ハイキングレベルのコースが多く、奥に見える山に登らない限りは軽装で歩けます。

河童橋まで来ると先に進むか戻るかの話になりました。というのも軽装し過ぎてカメラのレンズも三脚もおいてくるダメさっぷり。
リベンジしようと固く心に決め、今回はここをゴール地としました。
そして「冷やしXperia Zはじめました」を撮影。

梓川をXperia Zで水中撮影すると水が綺麗なので透明感あふれる写真が。
あぁシャッターボタンがなかなか動作しなかったけど撮れてよかった。
(保護フィルムのせいで水中では誤作動するようです。)
旅するカメラRX100 上高地・松本 -2日目-

2013年夏VAIOの里+観光

今年の夏は本当に楽しみました、VAIOの里も想い出に残るもので、あの石碑には是非自分が購入したVAIOを載せて撮影したいです。
VAIO Z11は持っていたのですが、さすがに古いし使い込まれているので汚い…。
普段は入れない工場、普段は話をすることも出来ない開発者、そういう人と巡り会い話ができた夢の様な時間でした。
次回こそは次回があればその時こそ自分のVAIOをぶら下げて行きたいですね。
□関連記事□
旅するカメラ RX100の作例
VAIO 2013年夏モデルProとDuoの記事一覧
□スペシャルサンクス□
このブログは本日で終了しますZ|安曇野紀行 ~”P”と失踪事件~
「VAIOの里」工場見学に行こう!見学・体験レポート
ソニーストア

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です