IFA2013で発表されたVAIO Tap 11,VAIO Fit A


ドイツ・ベルリンで開催される世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2013」で昨夜ソニーのカンファレンスが行われた。
この記事ではVAIOについてまとめていきたいと思います。
マルチフリップと呼ばれる構造にしたFit A、Xperia TabletのようなTap 11、更に大きくしたTap 21。
One Sonyの名のもとにすべてが統一されたデザインで出てくる。




VAIO Fit A 13/14/15


何だこいつは…。そもそもFitって今年でた新シリーズ。
マルチフリップフィットと言われるシリーズが出ました。
Fit,Fit Eに続きFit A一年も経たずに名付けが迷走し始めるいつものソニー。
いや、というかこの娘なんですか?画面が回転するんですか?

違うようで、折りたたみ方を変えることでキーボードモード、フォトスタンドみたいな感じ、タブレットモードの3つになるようだ。
Core i7-4500Uが選択できるようで、SSDも512GBまで、メモリはDDR3 8GB。

Fit 15AはフルHDよりも高解像度の2880×1620になるようです。
それに伴いグラフィック部分が強化されNVIDIAは GeForce GT 735Mが選択できるようです。
メモリはDDR3 16GB。

VAIO Tap 11


Tapというけど誰がどう見てもXperia Tablet Zっぽいデザイン。
そして薄さを見るとどうしても普通のパソコンではなく、ARM版CPUを使っていそう。
つまりAndroid…いやそれならXperiaがあるからもしかしてWindows RT?
ところがぎっちょん、Intel CPUでWindows 8!とパソコンです。
薄さ9.9mmと1cm以下の11インチタッチパネル。

ワイヤレスキーボードは磁石でくっついて保護カバーにもなるそうです。
VAIO Duo 13と同じスタイラスペンが付属するようで、これからの主流になるのでしょうか。

2013年秋に発売するということです、ただ詳細なスペックはまだ出てきていません。

VAIO Tap21


こちらもOne Sonyということでデザインがグループ会社で共有してきた感じ。
秋口からそうなるなんて話は聞いていましたが、本当に共通デザイン。
前みたいな角が大きな丸みを持ったデザインではなく、Xperia Zなどと同じ小回りな感じ。

One Sony

デザインを統一してきたOne Sonyだが個性豊かなモノたちが出てきて本気で全て欲しい。
Tap 11は寝ながら、Fitは遊びながら、Tap 21は看板。やりたい放題ですな。

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です