北陸新幹線の列車名称が「かがやき」「はくたか」「つるぎ」に決定


北陸新幹線が再来年の春に開業するということでついに列車名が発表されました。
北陸新幹線は東京-高崎-長野まで1997年に先行開業して17年目にしてようやく北陸の地に長野-金沢間が開業。
建設は2025年に敦賀まで、敦賀から先はまだルート検討中だけど新大阪まで延伸する予定で、現在の北陸本線をすべて新幹線化するようです。



それぞれの名称は金沢速達列車「かがやき」スピード感ある輝きL特急時代は金沢駅-長岡を結んでいた。金沢直通列車「はくたか」L特急時代上野-金沢を今は越後湯沢-金沢を北越急行経由で結んでいる特急で親しまれている。
富山-金沢のシャトル列車「つるぎ」、寝台特急として大阪-新潟を結んでいた列車名が復活、これにより大阪-富山を結ぶ「サンダーバード」、名古屋-富山を結ぶ「しらさぎ」は金沢止まりになるんでしょうかね。
北陸新幹線先行開業区間の長野行き新幹線は「あさま」をそのまま使用するそうです。

停車パターンは未発表なものの、各列車の停車駅はこんな感じになるかもしれませんね。

かがやき はくたか つるぎ あさま
東京  ●
上野  ●
大宮  ●
熊谷  ●
本庄早稲田  ●
高崎  ●
安中榛名  ●
軽井沢  ●
佐久平  ●
上田  ●
長野  ●
飯山
上越妙高
糸魚川
黒部宇奈月温泉
富山  ●
新高岡  ●
金沢  ●

上田、佐久平は金土日運行する日は毎時2本止まってますが、なくなる気がするんだよなぁ。
朝夕時間帯は「かがやき(速達)」と「はくたか(長野以北各駅停車)」が軽井沢と長野以外を通過して「あさま」が長野まで各駅停車、デイタイムは「はくたか」と「あさま」という感じですかね。
富山-金沢間のシャトル列車は毎時1本ですかね、ついに毎時3本近く特急が走ってる特急列車王国北陸本線も見納めの時期になってきました。
ビジネスには速いのは嬉しいですが、旅行となると寂しい物があります。

また、「あさま」が誕生し上越新幹線の「あさひ」と混乱するということで「とき」に変更になったことを考えると「はやて」「はやぶさ」「はくたか」は混乱しやすいということで名称変更されなきゃいいんですけどね。

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です