iPadが軽くなった。iPad AirとiPad mini Retinaを発表!


Appleが2013年モデルのiPadを発表しました。「iPad」というわかり易い名前の商品はなくなり、「ipad Air」と「ipad mini Retaina」と後ろにごちゃごちゃつくモデルのみの発表となりました。
従来のiPad(第三世代)より約180g軽い物を「iPad Air」、ipad miniより高精細なRetainaディスプレイにしたのが「ipad mini Retaina」のようです。




ipad Air


ディスプレイサイズは従来のままの9.7インチだけど、薄さが約2mm薄くなった7.5mmでWi-Fiモデルで469g、Wi-Fi+Cellularで478gとかなり軽量化されました。もとども「新しいiPad」でやや太ったのを減量した形ではあるが重さはかなり変わった。
もちろんRetinaディスプレイで2048×1536ピクセルIPS液晶ディスプレイ搭載し、iPhone5Sと同じ64bitCPU A7チップとM7モーション搭載。

iPhone5sであったTouch IDはなし、薄くし過ぎたのか?CPUが新しくなり消費電力が減ったのかバッテリー容量が減ったものの駆動時間は従来モデルと同じ。
容量は16GB-128GBと幅が広がりWi-Fiモデルの価格は16GB:51,800円、32GB:61,800円、64GB:71,800円、128GB:81,800円と為替レート変更したせいかやや値上がり。
カラーはシルバーとiPhone5sでは不人気だったスペースグレイの2色。

ipad mini Retaina


ipad mini Retainaは2048×1536ピクセルIPS液晶ディスプレイ搭載ということでRetinaディスプレイ化されました。
その弊害かやや本体の厚さが増え0.3mm増の7.5mm、微々たる誤差で済ませた。Wi-Fiモデルで331g、Wi-Fi+Cellularで341gということで30g程度重さが増えた。

iPhone5Sと同じ64bitCPU A7チップとM7モーション搭載したのでRetinaディスプレイだが駆動時間は同じ最大10時間となる。
値段はWi-Fiモデルの価格は16GB:41,900円、32GB:51,800円、64GB:61,800円、128GB:71,800円になる。
カラーはシルバーとiPhone5sでは不人気だったスペースグレイの2色。
ブラックは何処に消えた!!!

ipadの2013モデルを見て

大体の人の予想通りといいますかminiにもRetainaディスプレイが来ましたね。
iPad Airについては新しいiPadの減量が課題だなぁ昨年思っていたのでかなり削ってきたのに驚きました。もうminiとの差が100g程度。
収納スペースさえ気にしなければminiじゃなくていい気がしてくる軽さですね。
500mlペットボトルか350mlの缶ジュースか、その程度。価格差も1万円程度なので不思議とAirに手が・・・
セルラー版の価格は発表されていませんが+1万円程度で各社の割引で2年利用実質16GBが0円でしょうね。


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です