PS4発売間近!HDDをSSDに交換する?それとも交換しない?

さて、すっかりVAIOの事といい、日本国内の発売日が遅すぎたこともありすっかり忘れていたPlayStation 4がまもなくやってまいります。
ここで気になるのはSSDにするべきかHDDのままにするかといろいろ考えて居る方もいると思います。
私自身、世界同時発売だったらSSDを入れていたのですけど、日本は最後でしたので先人の知恵を見て決めていきましょう。


ストレージそれぞれ

PlayStation 4で使えるのは2.5インチ規格の厚さ9.5ミリ以下、容量160GB以上と指定があります。
どうやらシステムファイルで100GB使うとのことですので128GBのSSDは無理ですね。
HDD:昔ながらの円盤が中でクルクル回っているストレージ。
大容量でも単価は一番安い、読み書きは遅いという欠点


SSHD:ハイブリッド HDDなどとも呼ばれるSSHD、文字通りHDD+SSDの融合。
保存自体はHDDにしますが頻繁に使うデータなどは小容量SSDに入れておき読み書きをある程度早くしている。

SSD:円盤はもう時代遅れ!パソコンでもSSDのみで販売するものも増えてきている高速読み書きが得意な奴。
ただ容量単価がかなり高く500GBのHDDの代わりに512GBのSSD買おうと思えば4万円は吹っ飛びます。

Tested: PlayStation 4 Hard Drive vs. SSD vs. Hybrid Drive


この方は標準のHDDの他にHYBRID HDD (SSHD)、SSDの3つで比較しています。

IGNの速度比較記事

PlayStation 4 Hard Drive Speed Test Comparison
システム起動時間、インストール時間なども全て細かく計測されています。
システム起動時間に関してはSSDがやはり早いですが、それでも16秒のSSDと22秒のSSD、開きがあまりないです。
SSHDはインストール時間が長くなっている、これはSSDの容量が8GBなのでそれ以上のデータを送り込まれればHDDに書き込むのが遅くなるからなのでしょう。
ゲームによってはSSDのブートタイムが遅くなる場合があるようです。

どうするべきか

基本的に標準のままで気にしなくていいと思います。
大量にコンテンツを買う!っていう人はHDDを大容量化。
少しでも早く!金ならいくらでも出す!という方はSSDにして、両方兼ね備えてるハイブリッドHDDにするのもありかと思います。


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です