ソニーデジタル一眼カメラ「α77 II」発表!

ソニーUKからα77IIの発表がありました。
ソニーのAマウントカメラは「出ない・試験機・高い」の微妙な感じで私自身α77を使って何だこりゃと思うことは多々ありましたが、ようやく「その時出来たカメラ!」じゃなくて更に機能面を強化したカメラが発表されました。
α77とは異なっているのはAFポイントの数、ISOの拡大、連写枚数の向上と強い・・・。ダメだノーマルのα77で勝てない・・・。


基本スペック

dimensions_img_0
基本的な部分では変化はなくAPS-Cで有効画素数2430万画素で外寸も約142.6×104.0×80.9 mm(幅x高さx奥行き)となっている。
重量が6gほど軽くなっている、GPSとAF補助光が無くなったからかと思いつつもただWi-FiとNFCに対応したため重量が増えると思うのですが減っているので内部構造的にも一部で変更があったのかもしれません。
従来のオートロックアクセサリーシューではなく、他の機種同様にマルチインターフェースシューに変更されました。

ここが変わったα77II

A77II_79
注目する点は4つ!79点AFセンサー、高速連写枚数の増量、ISO拡大、Wi-Fi&NFC搭載。
従来のα77では11点クロスの19点AFセンサーでしたが15点クロスの79点AFセンサーとかなり強化、中央1点にF2.8専用のAFフレームがあり大口径レンズ搭載時に素早く被写体を見つけ出す。
従来より外側にもAFポイントがあり約2倍の幅まで対応するそうだ。

次は高速連写の枚数ですが簡単に言うと倍以上になりました。
キャッシュの増量でもしたんでしょうね。
連続撮影優先AE時のエクストラファインではα77が13枚、α77IIが53枚と4倍、RAW+JPEGでは11枚だったのが25枚と2倍強。

ISOはα77ではISO100-16000(拡張ISO 50)でしたがα77IIではISO100-25600(拡張ISO 50)とか・・・。α77はISO3200あたりからノイズが酷く使い物にならなかったのですが新しいのはどこまで頑張ってくれるのでしょうか

Wi-Fi&NFC搭載ということでα7やα6000などでスマートフォンに写真転送してるの羨ましい!!クソォォォ!!っていうのがなくなります。
あとスマートフォン側でのレリーズも可能になるのでしょうね。

公式サンプル画像

・リサイズサンプル
ap_7_modal

ap_1_modal

SONY EUサンプル画像

発売日や思ったこと

発売日はEUで2014年夏頃との事ですぐ出てくるわけではないとのことです。
本体価格はボディのみで1199ドル、16-50 F2.8レンズキットで1799ドルとのことです。
最近発売したα6000でのレートで考えるとα77IIのSony Store価格ボディのみで120,000円(税抜)、レンズキットで180,000円(税抜)と予想。
α77が最初のSony Style価格ボディのみで148,000円(税込5%)、レンズキットで208,000円(税込5%)でしたので、若干安くなった感じにはなりますね。
ちなみに本日からα77のSony Store価格がボディ8万円、レンズキット13.5万円に変更になりました。



Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です