「エヴァンゲリオン」モデルのF880ウォークマンでハイレゾを楽しもう!【開封編】

何故か注文していないのに我が家にやってきたソニーストア限定のウォークマン F880シリーズ「ヱヴァンゲリヲンモデル」
今回も【あの方】に甘えさせていただきましたので早速開封をサクサクっとしてみたいと思います。
ウォークマン F880シリーズ ヱヴァンゲリヲンモデルはSDATモデルになります。


外箱

DSC08289
今回の限定モデルはは「インナーイヤーレシーバー「XBA-H3」同梱 特別ボックス(サウンドトラック「序」「破」「Q」プリインストール)」「【サウンドトラック「序」「破」「Q」プリインストール版】」「【サウンドトラック「序」「破」「Q」の内1つプリインストール版】」3モデルが登場しました。
全部の機種ベースがブラックの64GBモデルになり、今回レビューするのは「XBA-H3」同梱 特別ボックス仕様になります。
DSC08291
開封してみると通常のエヴァンゲリオンモデルの外箱とノーマルのXBA-H3が入っているだけです。
DSC08293
SDAT仕様とネルフ仕様で箱が異なり、それぞれにあったデザインになっています。
多分外箱まで解説するアホなブログは私だけだと思うので説明するとまず目につく「NW-F887」というウォークマンの型番。
こちらの書き方ですが「TCD-D10」デジタルデンスケの時の箱とフォントを似せてきてます。
そしてそのしたの説明をさらっと過ぎて「DMP Digital Media Player」
300px-DAT_logo.svg
これは「DAT Digital Audio Tape」を思わせるデザインにしたようです。
そして底部にあるのは懐かしきウォークマンロゴ。
これはエヴァンゲリオンと見せかけてソニー好きを釣る商品です。
DSC08299
箱の裏にはエヴァンゲリオンのライセンス商品を示すシールがぺたっと。

内容物

DSC08301
さくっと開けてみると本体、ウォークマン端子USBケーブル、イヤホン、取扱説明書。
そう!充電器はありません!気をつけてください!
己小癪な・・・!とりあえずこの充電器買っておけば今後付属しない商品来ても平気ですのでおすすめ。

本体を舐めまわすように見てみよう!

DSC08303
表面だけ見るとただのF880です。
DSC08309
ひっくり返すとキタ━(゚∀゚)━!SDAT!!
ちなみにDATはソニーのデジタルオーディオテープで、SDATは劇中の支給品で実在しません。
Super-Digital Audio TapeとDATより高音質っていう商品だったんでしょうね、まさにハイレゾ。
DSC08325
電源を付けてAndroidの設定を終わらせるとようやくエヴァンゲリオンモデルっぽいものに出会えました!
サウンドトラック「序」「破」「Q」の3つが同梱されており全部がFlacファイルで量子化ビット数24bit、サンプリング周波数96kHzのハイレゾです。
CDが量子化ビット数16bit、サンプリング周波数44.1kHzなのでFlacファイルはより細かい音の記録をしているのにファイルサイズを圧縮して再生時に戻すという方法で容量を節約している。
DSC08330
専用の壁紙もあるのですが、ソニーがやらかした・・・。
専用の壁紙を入れ間違えたようでSDATモデルにネルフの壁紙、ネルフモデルにSDATの壁紙が入っているようです。
後日ダウンロードで対応するとの事。

この商品はソニーストア限定商品ですのでこちらでのみ購入できます。
ソニーストア 送料無料

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です