口臭と食べカスが気になったのでジェットウォッシャー ドルツEW-DJ61を体感してみた。

パナソニックが発売しているジェットウォッシャー「ドルツ」に新しいモデルが登場。
価格も1万円と前のモデルより安い価格発売されたので買ってみました。
ドルツはパナソニクのオーラルケア商品のブランド名で電動歯ブラシなどもあり、持ち運びできる小型のジェットウォッシャーもありますが今回は据置型の「EW-DJ61」です。


だんだん体の衰えが見え隠れする年齢になってきて、奥歯の臭いが気になる事が多くなり1万円で改善されることを期待。
歯は子供の頃から磨いていたのですがやはり磨き残しはあるし、親知らずまでが磨きにくい形でボッコリと出てきてしまって、今まで虫歯が無い私も親知らずまでは磨ききれず食べカスの臭いと虫歯っぽいような色には驚きポチポチしました。
ただ、購入して10月には届いていたのに今頃になったのは忙しさとそれに伴う口内炎の乱発で今頃に。
さて、私の歯の事情は置いといて早速レビューしていきます!

開封

EW-DJ61_01
ヨドバシ.comで注文したので実際の寸法も見ずに届いたので第一印象としては「思っていたよりは小さい」
EW-DJ61_02
内容物は本体、水タンク、ノズル先端が2つ(白・灰)、ノズルスタンド、取扱説明書。
水タンクはティッシュボックス半分くらいの大きさで600ml入る。
ブラシ部分は先端の交換以外は取り外しができないので掃除は拭き掃除になります。

使い心地

EW-DJ61_04
オッサンの口の中を見たい方は居ないと思いますのでコップに試し打ちしてみた画像と共に使い心地を紹介します。
従来品のEW1250Pと違うのはジェット水流だけではなく微細な気泡と水流をミックスしたやわらかい水流『バブル水流モード』を追加
歯周ポケットや歯茎のケアに使うと心地よい、ジェット水流だけだと痛いんだ!
EW-DJ61_05
手前の画像がジェット水流、こちらがバブル水流モード。
イマイチ違いがわかりませんね。実際に使うと違うのですが。。。
EW-DJ61_06
よーく見ると違うんですよ。うん、これで勘弁して下さい。
左がジェット水流、右がバブル水流、ジェット水流の方が透明な線を描いていますが、バブル水流は空気を含んでいるのでやや白っぽい。

600mlのタンクは公称値では強さ「5」で1分15秒との事でしたが、内部に水が流れ準備完了の状態で600mlにして強さ「4」でジェット水流、バブル水流やってみたところ、平均1分50秒ほど持つ。
しっかりやろうと思うと右、左で1回給水し4分ほどの時間で口の中がさっぱりするので、時間がかかるという印象は無いですね。(今までも歯磨きは3分とか普通でしたから)
EW-DJ61_03
一週間使ってみた感想は、寝起きの口の中の粘っこさはかなり軽減されました。
奥歯のあのドブのような臭いもすっかりいなくなり、歯ブラシでは届かない所まで綺麗になってるようです。
一番驚いたのは、ドルツを使う前に普通に歯磨きするのですが、その後にドルツを使っているにもかかわらず歯間からポロッと夕食に食べたものが出てきたことですね。
しっかり磨いていた様に思えて磨ききれていない事を痛感しました。
なるべく関東電機メーカーを応援したい私ですが今回ばかりはパナソニック製のこちらには感動しました。

【追記】メンテナンス面
メンテナンスについて知りたい方が居たので補足すると。
既に書いてありますがノズル本体とホースは取り外しができません。
そしてここを口の中を洗った水がつたって行くので拭き掃除は欠かせません。
また交換できるノズル先端部はすり減ってきたら買い替えてくださいとのことです。

本体のポンプ部分とホースの中の水は説明書にも書いてありますがすべて出しきってください。
それでも少し水が残っていると思うので毎日使用することで中の水の腐敗を防いだほうがいいでしょう。

あと洗面台はすごい水が飛び散りますのでこちらも拭き掃除を!慣れると飛び散る範囲が少なくなります。

【追記】騒音
書き忘れていましたがこいつうるさいです。ミキサーほどではないですが、水槽用の簡易電動ポンプ位の音がするのに底部のゴムが薄いので夜中の使用はやめるか本体を手に持ってやるかですね。

【11/13現在】Amazonよりビックカメラの方が安いのでビックカメラをおすすめします! 税込9,590円【購入はこちら】


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です