パッケージから妄想!2月に発売と発表!日本通信がVAIO Phone

 日本通信とVAIO社が協業開発中のVAIOスマートフォンについて進展がありました。日本通信の2014年度第三四半期決算発表の時にパッケージだけ見せてくれました!

[PC Watchへリンク]日本通信、VAIOスマホのパッケージを初公開。2月の発売に向け準備は順調

 …パッケージだけかい!!!パッケージだけかい。。。ここから妄想していきましょう。

本当は12月4日に発売だった!?

 驚いたのはVAIOスマートフォンが当初12月4日発売だったという事です、VAIO社ができてすぐ話をしていたということを考えると本当に突貫作業。
 ただし世界第二位のタッチパネルメーカーが会社更生法を適用したので設計変更が出たので出せなかったそうです。たしかに10月頃に台湾のタッチパネルメーカーWINTEK社が会社更生法を適用しています。WINTEK社はApple iPhoneに契約を打ち切られて、中国の低価格スマートフォンXiamiに低価格で納入していたので資金繰りが悪化したらしいです。たしかにここからなら安いタッチパネルを購入できたのに残念ですね。

まだ本体は見せられない!

 まさかの空き箱…来月って言ったじゃないかー!「だから箱だけチラ見せ」と言わんばかりな今回の発表。とにかく発売は2月というのを強調したいのでしょう。
 2月16日はVAIO meeting 2015がありますので、その時に新型VAIOと同時にVAIO Phoneの発表となるのでしょうか。台数は結構積んでいるようで売れ行きには自信満々、VAIOスマートフォンのメール登録が万の桁に言ってることも発表した。何だこの強気な感じ。

パッケージから読み取る

Lumia-535-hero1-jpg
 パケージから読み取れることは四隅が丸っこい。マイクロソフトのLumia 535みたいなデザインになるのではないかと思います。ただしやや薄さを追求した感じですかね。操作ボタン類は右上に配置ですかね。パッケージがどっちが上でどっちがしたかわからないですが。
 OSについても言及が無くAndroidなのかWindows Phoneなのかさっぱりですが、VAIOスマートフォンについてはWindows Phoneが欲しいと思うのは私だけでしょうかね。
 材質はXperiaの様な両面ガラスみたいなことはなく樹脂でコストダウンしていそうな気がします。

まとめ

・発売は2月中、VAIO meetingを考えると中旬以降
・VAIOスマートフォンはまだ見せられない
・箱から見るとマイクロソフトLumia 535っぽい
・そこまで革新的ではないが、ミドルクラスの端末では尖ってるかも


Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です