ASUSタブレットにもなる脱着式ノートPC「TransBook T300 Chi、T100 Chi、T90 Chi」発表

 ASUSが2in1モデルのASUS TransBookを発表。画面サイズが異なる3モデル6種類を発売する。
ASUS TransBook T300はIntel Core Mプロセッサーを使用したモデルになるので通常のWindowsがインストールされ、Officeは無料で付属しない。ASUS TransBook T90はIntel Atomプロセッサーを使用しているのでWindows With BingになりOS代がかからず安くなっている。eMMC 64GBではMicrosoft Officeも無料になるのでお得です。ASUS TransBook T100はT90の画面サイズを大きくし外部接続用のMicro HDMIとMicroUSB 3.0端子がついた上位モデルという扱い。

スペック

ASUS_Chi
 T300は唯一、CoreモデルのCPUを使っているのでWindows 8.1 64bitになってる。
 T100とT90はどちらもベーススペックは同じで、マイクロソフトが格安Windowsタブレットに配布しているOS「Windows 8.1 with Bing 32ビット」になっているのでインターネットエクスプローラーの初期設定で検索がbingになっています。
CPUはIntel Atom Z3775 1.46GHz、メモリ2GB、インカメ200万画素、アウトカム500万画素、MicroSDスロットが搭載されている。

ASUS TransBook T300 Chi

1245_image_AihjXWEB
12.5型脱着式モバイルノートPC「TransBook T300 Chi」はCore Mラインプロセッサーを使用し、SSD128GBで92万画素のウェブカメラを搭載。
タブレット単体で720g、バッテリー駆動6.6時間、キーボードドックと合わせると1.42kgになる。

3モデルあり、「Intel Core M-5Y71 1.2GHz+8GBメモリ+WQHDの2560×1440ドット」、「Intel Core M-5Y71 0.8GHz+4GBメモリ+フルHDの1920×1080ドット」、「Intel Core M-5Y71 0.8GHz+4GBメモリ+フルHDの1920×1080ドット+Office Home and Business Premiumプラス Office 365 サービス」と分かれている。
Microsoft Officeが無料になる基準に達していないのでOfficeソフト代が別途かかるのに注意です。

ASUS TransBook T100 Chi

1249_image_RQHaPPDe
10.1型脱着式モバイルノートPC「TransBook T100 Chi」はT300とは異なり、8インチのWindowsタブレットをでかくした感じのスペックです。
WUXGAなのでフルHDより縦長の1920×1200ドットでmicroHDMIの出力があります。
タブレット単体で570g、バッテリー駆動は8.7時間、キーボードドックと合わせると1080gになる。
こちらはeMMC 64GBの1モデルだけでMicrosoft Office Home and Business 2013も付属する。

ASUS TransBook T90 Chi

1261_image_mZNEGaDX
8.9型脱着式モバイルノートPC「TransBook T90 Chi」もT100と同じスペックでWXGA 1280×800ドットになる、microHDMIとmicroUSB 3.0が省略される。
タブレット単体で400gバッテリー駆動9.9時間、キーボードドックと組み合わせると750gになる。
eMMC 32GBモデルとeMMC 64GB+Microsoft Office Home and Business 2013モデルの2種類となる。eMMC 32GBにはオフィスソフトが付属しないので注意したいところです。

まとめ

・T300とT90 eMMC32GBはOfficeが付属しない
・T100とT90はAtom CPUを使用したWindowsタブレット
・狙い目はT100かな?T90 32GB買うならVivoTab Note8買ったほうが…。
[button]

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です