モンスターなお絵かきタブレットのVAIO Z canvasが届いた!開封編

 5月29日めでたく発売となった『VAIO Z canvas』が我が家にも届きました。諭吉36人との引き換えとなったVAIO史上最強のタブレットPC。VAIO株式会社になってから初の英字キーボード搭載モデルとなったので購入しました。
 今回のVAIOは今までと異なり開発段階でこのパソコンを必要とするクリエイターに意見を聞くパソコンとなった。8インチのタブレットPCはとにかく安くすればいいだけなので興味を持たず、漫画家・イラストレーター層に支持のあるワコムの領域であった液晶ペンタブレットと3Dモデリングやフォトグラファーに人気のあるMacbook Proに攻め込む形になった。私自身、アマチュア写真家で現像作業は自作パソコンでやっていますが、どこでも持ち歩けるZ canvasがプロトタイプの頃から欲しい商品だった。
 今回は早く作業しろ!と言われそうですが、開封レビューだけで・・・。

箱と内容物

VAIO_Z_canvas_01_01
 箱に関してはソニー時代のVAIO Red Editionのようなパコッと開けるタイプ。蓋の部分にはクッションが入っており上からの衝撃に強そうでした。箱の部分は普通の梱包箱、本体が上、付属品が下の重箱。斜めにカットされているので本体を取り出した後付属品を取るのが楽でした。
VAIO_Z_canvas_01_02
 コチラが標準の内容物、本体・キーボード・ACアダプター・ペン・ペングリップ・ペンホルダー・取扱説明書・液晶クリーナー。
VAIO_Z_canvas_01_03
 初回生産分には付属品箱の中に東芝製Transfer Jetの本体と広告が入っています。東芝としては本体に入れたかったようですが、今回はこのような形になったそうです。
VAIO_Z_canvas_01_06_B
 キーボードは英字キーボードを選択しました。今回から増えた英字キーボード、アメリカ国内での販売に向けて生産するので日本にも流れてきました!
VAIO_Z_canvas_01_17
 ペンはソニー時代のVAIO Duo 13から続く形でVAIO Z発売時にVAIOロゴに切り替わった。
VAIO_Z_canvas_01_18
 VAIO Z canvasではちょっと進化してグリップが付属。自分の持ちやすい方を選べます。このグリップ部分は後日保守部品として販売するそうです。キーボードも単体販売するとのことで大体1ヶ月以内を目指してるようです。ただ現在の発注状況見るともう少し掛かりそうな気もします。

本体

 開発中のWindows 10のアカウントと同期しててVAIOロゴの壁紙じゃないのですが、発色具合がよくわかったのでこのまま掲載することに。今回はタブレット型なのでキーボードは分離する。写真では大体使い方としてはこうなりそうというイメージでおいてみました。

・ノートパソコン型
VAIO_Z_canvas_01_13
 VAIO Z canvasもマイクロソフトのSurfaceシリーズの様に本体にキーボードを取り付けられる様にすることも考えたそうですが、使い方それぞれということでセパレートを維持。

・公式写真型
VAIO_Z_canvas_01_14
 VAIO Z canvasの紹介写真やプロモーションでよくある、キーボードはショートカットのためだけにある使い方。

・とあるクリエイターの使い方
VAIO_Z_canvas_01_15
 これは開発者の方との対談で聞いた話で、誰かわかりませんが、キーボードを後ろに配置して本体を抱き込む形で書く方が居たそうです。こう言う使い方もあってマグネットで本体に取り付けたり、キーボードに本体をドッキングさせることはやめたのでしょう。

・ペンはキーボードよりも強し型
VAIO_Z_canvas_01_16_b
 ペンさえあればそれでいいとキーボードをあえて持っていかない。自分で書いて置きながら言いますが、不便そう・・・。余談ですが、ここで壁紙が違うと気がついたので修正

本体細部

VAIO_Z_canvas_01_07
 まずはネジが一切表に見えないVAIO Z canvasの変態構造を排気口に隠れて支えているネジ。
VAIO_Z_canvas_01_08
 VAIO Z canvasをクリエイター向けと言うにふさわしいLボタン。このLボタンはペンだけで操作する人に便利なソフトウェアショートカットキーを出すボタン。Rボタンはペン操作の時に手のひらの検知を無効化するボタン。
VAIO_Z_canvas_01_10
 端子類はすべて左側に配置されており、USB3.0も黒端子を使っているので違和感もない。SDカードスロットはUHS-IIの高速転送モデル。
 miniDisplayPortは最大4096×2160/30Hzまたは3840×2160/60Hz、HDMIは最大4096×2160/24Hzまたは3840×2160/30Hzとなり、4Kモニタ2台接続可能です。
VAIO_Z_canvas_01_04
 そういえば、全く基にしてなかったのですがZ canvasは背面に799万画素、正面に92万画素のカメラが入っているようです。
 背面も極力シール類は隠しているようですが、IntelやWindows、注意書きのシールが貼ってある。「スタンドに指を挟まないよう」というシールは剥がしやすいように出っ張りがあるのにソニーストアのシールときたら・・・。

まとめ

VAIO_Z_canvas_01_09
 久しぶりに気合の入ったレビューをしていこうと思って、撮影用の背景紙まで買い込んでみました。今回は開封レビューなのでまだまだ粗が見えてきませんが、一つだけ早急に検討していただきたいのはキーボード用のmicroUSBケーブルの販売をお願いします。
 自宅にあるUSBケーブルをキーボードに挿した所、キーボードの薄さよりUSBケーブルが肉厚でキーボードが浮いてガタガタ言う問題があるのでこのキーボードにあったUSBケーブルの販売を・・・特にmicro端子が左L型を早急にお願いします。何本もあるのに全部肉厚でした。
[button]

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です