【アップグレードに失敗!】起動しないWindows 10からWindows8.1に戻す方法!

 Windows 7以降のパソコンにはWindows 10が無料でアップグレードできるようになっています。普通ならばうまくアップグレードできるのですが、何かのはずみでアップグレード出来なかった、『VAIO Z Canvas』を使ってWindows 8.1に戻してみたいと思います。
ただ、最初は記事にしようと思っていなかったので完全に文字ブログとなってしまいます。ですが、八方塞がりの時に情報があまり手に入らない特殊な状態でしたので書いてみたいと思います。

こんな症状出ていませんか?

・Windows 8.1からWindows 10にアップグレードしてる最中にリブート(再起動)をし続ける。
・「スタートアップのオプションを選択」は表示されており、続行に「終了してWindows 10に進みます」と表示されている
・デバイスの使用で「USB Drive」などのメディアを使ったリカバリがエラーで動かない。
・トラブルシューティングの「PCを初期状態に戻す」もエラーで動かない。
・「詳細オプション」で「システムの復元」も「イメージでシステムを回復」も真っさら
・「スタートアップの修復」だって、もちろんエラー
・起動しないからと不貞寝して「1ヶ月未満」

こんな八方塞がり、こうなるとWindowsを再インストールも出来ずリカバリも出来ない、初期化も無理と、スマートフォンでしか聞かないような文鎮化に陥る。ここからWindows 8.1に戻すというウルトラCな技を伝授?

Windowsが正常に起動しない状態からのリカバリ

1:VAIO Z Canvasでは音量ボタン(+と-どちらで良い)を押しながら電源ボタンを押すと「VAIOレスキューモード」が起動され、『トラブルシューティング(リカバリ)の開始』を選ぶと、Windows OS側に橋渡しされる。
今回の症状はVAIO社製『VAIO Z Canvas』で発生しました。メンテナンスモードに入る方法はメーカーの説明書を御覧ください。普通のパソコンなら電源投入時にF2連打だったり、タブレットPCなら大体は電源ボタン+音量ボタンなどです。

2:Windowsの「スタートアップのオプションを選択」が表示されたら「トラブルシューティング」、そこから「コマンドプロンプト」を選択。

3:「コマンドプロンプト」が表示されると『X:\>』(\(半角)は¥(半角)記号)になっているので今回の作業ドライブのCドライブにパスを変更する「cd /D C:\」を入力してEnterキー。

4:アップグレード時にWindows10が退避した古いWindowsが格納されているフォルダを通常の場所に移動する。
「move “c:/windows.old/windows” c:/」を入力してEnterキー。
「exit」を入力してEnterキーを押すと再起動します。
これを終了した時点で暫定的にWindows 8.1が復活します。スタートアップ上ではWindows10表示が残ってたり…。

5:Cドライブをまるごと初期化する準備(Cドライブのデータを既に引っ越ししている方はスルー)
通常通り電源を入れアカウントのパスを入れると結構時間がかかりますがログイン出来るはずです。Windows 8.1だとツールバーにはInternet Explorerが2つあるだけで、フォルダアイコンがない。
・デスクトップ上に右クリックで「新しいフォルダ」を一つ作れり、エクスプローラーが開く
・Internet Explorerのアドレス欄に「C:/」でフォルダを表示される。
2通りありますがどちらでも良いのでUSBや外付けHDDにデータを退避

6:あとは1と2の手順を踏んでリカバリ領域またはリカバリUSBを使って初期化。
これでWindows8.1環境が完全に復活!問題ありません!

終わり

キャプチャ
本当はコマンドプロンプトでwindows.oldのフォルダに入ってるPerfLogsやProgram Filesが移動できればリカバリせずに済むのですが、アクセス権限が無いため動かせない。別途Linux OSとか入れて権限書き換えちゃえば良いのですが大変ですからね…。
Windows 10は無料なので良かったのですが、いまいち安定感が無いですね。中には「Windows me再来だ!」と騒ぐ人がいますが、meを触ったこと無いんでしょうね…。あんなのに比べたら…。

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です