【国内はやっぱり高かった!?】Surface Pro4が日本国内の価格発表

Microsoftのパソコンブランドとして登場したSurfaceもWindows RTというものが無かったかのようにProばかりの発売となり4世代目が登場。
アメリカで開催された発表会ではSurface Pro4と共に登場したSurface Bookでしたが日本国内の発売は来年との事で、とりあえずはSurface Pro4だけ投入とのことです。

Surface Pro 4の価格とスペック

 Surface Pro4ではCPU・メモリ・ストレージ以外にモデルによる差は無い。
 全機種Windows 10 Pro 64bitを搭載、12.3インチの液晶パネルで解像度は2736×1824ドットでアスペクト比は3:2と最近の高価格帯のWindowsタブレットと同じ比率になっている。
 設定こそされていないがSSDは最大1TBまで搭載可能です。

製品名 CPU メモリ ストレージ 一般価格 US価格 発売日
Surface Pro4 Intel Core m3 4GB SSD:128GB 124,800円 設定なし 2015年11月12日
Surface Pro4 Intel Core i5 4GB SSD:128GB 139,800円 999ドル 2015年11月12日
Surface Pro4 Intel Core i5 8GB SSD:256GB 179,800円 1299ドル 2015年11月12日
Surface Pro4 Intel Core i7 8GB SSD:256GB 214,800円 1599ドル 2015年12月予定
Surface Pro4 Intel Core i7 16GB SSD:256GB 239,800円 1799ドル 2015年12月予定
Surface Pro4 Intel Core i7 16GB SSD:512GB 289,800円 2199ドル 2015年12月予定

一番低スペックモデルが気になる?

 聞き慣れないIntel Core m3、Browdwell世代から登場したCore iシリーズの下のモデル。
 Skylake世代Core m3は1シリーズしかなくCore m3-5Y30 2コア4スレッド 900MHz・TB時2.2GHzとそこそこ非力。
 他のモデルで使用されるUシリーズは15wですがYシリーズでは4.5wと半分以下のTDPなのでバッテリーの持ちは良さそうです。
 排熱設計も違うのかi5/i7モデルは重量786gですがm3モデルは766gと軽くなってる。

一般向けはOffiec搭載!

 アメリカモデルの価格が安く見えますが、日本国内モデルで一般向けに発売されるのはMicrosoft Office Home & Business Premiumが付属。法人向けにはOfficeが付属しない分やや安い。

結局安いの?高いの?

 11月に手に入る一番最上位モデルであるSurface Pro 4 Core i5・8GBモデルを例にすると日本国内ではOfficeソフトが付いて179800円、アメリカでは体験版のみでOfficeが付属せずに155,500円でそれにOffice 2016のDPS版はありませんが約1.4万円と見積もると169500円。
 日本国内モデルと比べるとアメリカモデルが約1万円ほどお得。

 最初から法人モデルで見れば良かった…。法人モデルひとつ前でも書きましたがOfficeソフトは付属しない。同スペックで166,800円なのでやはりアメリカモデルは1万円ほど安い。
 これに消費税が上乗せ…。高いなぁ…。

Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です