カメラメーカーがデジタル部分に力を入れた!ニコン「D5」「D500」が凄い

 年始といえばConsumerElectronicsShowです。ニコンはCP+より先にCESで新しい一眼レフカメラのフラッグシップ機を発表しました。
 拡張ISOが今までソニーα7sのISO409600がコンシューマ機では最大でしたが、DXフォーマットのニコンD500ではISO1640000(ISO164万)、FXフォーマットのニコンD5ではISO3280000(ISO328万)と言うパット見でISOの桁がわからないモンスターが登場した。
 またそれぞれ、デジタル部分が弱かったカメラメーカーがここまでデジタルに力を入れたとは…。なんとも面白い。

ニコンD5 FXフォーマット

product_01
 一眼レフカメラ「D5」はFXフォーマット(35mmサイズ)のフラッグシップとして登場し、AFと連射性を強化した。
 CMOSセンサーはD4Sの1623万画素から2082万画素へとアップし、常用感度はISO100~102400、拡張はISO50~3280000相当になる、ニコンとしてもコンシューマ機としても最高感度となっている。
pic_01
 AFシステムもかなり強化され配置エリアが広がり更にマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール採用により153点から任意の55点を選択。高密度広範囲なので高いAD追随性能があると思われる。
 連射性能は12コマ/秒、ミラーアップで電子先幕では14コマ/秒となる。

ニコンD500 DXフォーマット

product_01
 一眼レフカメラ「D500」はDXフォーマット(APS-Cサイズ)のフラッグシップとして登場。今まで3桁番台はFXフォーマットのミドルクラスでしたが今回はDXフォーマットなので注意。D300の後継という感覚でD500とお付き合いしていきましょう。
 D5のAFシステムと同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール採用なのでAF精度・追随性能もかなりいいものだと思われます。

 高速連写は10コマ/秒で最大200コマまでの撮影可能。

[共通]4K UHD対応

pic_02
 D5とD500共に4K UHD動画に対応し30p/25p/24pの非圧縮4Kに対応。それぞれの最高拡張ISOのISO3280000、ISO1640000は動画でも使えるようです。
 ただ今年の流行となりそうな4K+HDRのULTRA 4K PREMIUMには対応していないようだ。

[共通]XQD対応

pic_06
 D500はDXフォーマット初のXQDカードスロットを搭載しSDXC UHS-II対応のSDカードスロットとのダブルスロット。D5はXQDカードダブルスロットモデルとCFカードダブルスロットモデルを選べ、別途4万円強の値段でサービスセンターで交換可能になるようです。

製品情報ページリンク

[ニコン]D5
[ニコン]D500



Posted Under
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です