【SDXC UHS-II U3対応】Lexarの64GBモデル『LSD64GCRBNA1000』の転送スピードを計測

 Lexarから発売中のSDXC UHS-II U3カード『LSD64GCRBNA1000』を購入したので今回UHS-IIとはどれほどのものなのか転送スピードを計測してみました。
 Lexarはフラッシュメモリ製造会社で2006年に大手半導体メーカーMicron Technologyに買収されたのですが2017年に同社が売却、Lexarブランドは中国深圳市のフラッシュメモリ会社Longsysに買収された。LongsysはOEM/ODM製造が主なのか目立った製品はなく、過去に激安SSDを日本で売っていたのですが最近じゃめっきり見なくなりました。
 今回購入した商品はMicron時代のものとなります。

Lexar LSD64GCRBNA1000

Lexar LSD64GCRBNA1000
 LexarブランドでMicronが販売していたもの。現在でも国内外問わず販売中であり、当面の間は現行品扱いだと思われます。ただ日本では取扱店が減ってきており、ヨドバシなどでは取り扱いが終了。ヨドバシの最後の価格が5750円でしたので現在のAmazonの価格はかなり上乗せ価格。買う人いるのでしょうか。
 私はアメリカ通販サイトB&Hで64GBを2枚一組89.98ドルで購入。あの時代で1ドル110円なのでやや安い感じ。

CrystalDiskMark 6.0.0 1GiB・50MiBベンチマーク

左:ファイルサイズ1GiBで5回試行した平均値 右:ファイルサイズ50MiBで5回試行した平均値

 『Lexar SDXC UHS-II x1000』の公称値は読込最大150MB/s、書込最大75MB/sと箱に記載されている。4K動画にも対応したSDカードなのでそこまで遅くはないはず。
 そして結果を見るとファイルサイズ50MiBでは読込も書込も公称値を大幅に上回るスコアを叩き出し、書込では公称値の75MB/sを大幅に上回る133.3MB/sでした。1GiBでも読込に関しては公称値を16.3MB/sも上回るスコアになり公称値から見ればかなり美味しいカードなのかもしれない。
 ただランダムアクセス値に関しては書込が1MB/sとやや遅めとなっている。この数字は『UHS-I U3』クラスと同じ程度、UHS-IIならもう少し頑張ってほしいが、カメラ用としては問題ない。組込機材向けでランダムアクセスが多いものならば控えるべき。

実際にSDで写真データ4.98GB分転送

左:PCからSDカードへの転送 右:SDからPCカードへの転送

PC側からSDカードへの転送は転送40%まで速度が落ち着かなかったものの90MB/s程度までは出ることを確認した、4.98GB分のファイルを転送するのに1分2秒の時間がかかった。最初の出だしが良ければ50秒台後半にはなったでしょう。
 SDカードからPCへの転送は125MB/sと公称値には届かないがそれなり速度が出ているので問題なし。極端に遅いわけでもない。本当にエントリーモデルと言う感じ。
 結果だけ見るとちゃんとしたSDカードなので適正価格で買うのなら十分使えるのではないか。

【厳選6枚から高性能選ぶ】従来より高速 UHS-II対応のオススメSDXCカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です