いい意味で期待を裏切った!Apple A12チップ搭載の2019年モデル iPad mini・iPad Air発表!

2019年モデルとしてiPad miniとiPad Airが発表されました。iPad miniは噂はよく流れて来ていたので確実でしたがiPad Airも同時発表となりました。そして今回驚きなのは両方共iPad Proの現行モデルと同じA12世代のBionicチップを搭載。これによりApple Pencilにも対応しました。なので充電ケーブルもUSB-Cではなく今までどおりLightningケーブルになりました。

iPad mini -2019モデル-

画像:Apple

筐体デザインはiPad mini 4をそのまま使っているようなデザイン。3.5mmイヤホンジャックもtouch IDもLightningコネクタもすべて同じ。数グラム程度増加していますが誤差の範囲。なので今までiPad miniを使っていた方なら何も違和感なく移行できるモデルになっています。

変化したポイントはディスプレイ部分解像度などはそのままですがフルラミネーションディスプレイ採用、カバーガラスと液晶部分が圧着されているので隙間がなく、今回から採用となったApple Pencilのペン先と液晶ディスプレイの入力誤差が低くなります。

あとは、FaceTime HDカメラが1.2メガピクセルから7メガピクセルになり高品質なビデオ通話が楽しめるようになりました。

iPad mini 2019年モデルの価格は?

容量が64GBと256GBありそれぞれ45,800円と62,800円でセルラー版は+15,000円の60,800円と77,800円

iPad Air -2019年モデル-

画像:Apple

iPad Airって名乗っていますが、ベースモデルは第2世代iPad Pro 10.5インチになっています。こちらもiPad Pro 10.5インチと同じで 3.5mmイヤホンジャックもtouch IDもLightningコネクタを搭載。重量が10グラム程度増加。純粋にiPad Air 2から買い替えでも20g程度の増加で高さが1cm横幅が5mm増える程度。

「iPad Air 2から進化したポイントは」と書くより、A12チップ搭載したiPad Pro 10.5インチです。Proの名前を奪われた元王者です。

iPad Air 2019年モデルの価格は?

容量が64GBと256GBありそれぞれ54,800円と71,800円でセルラー版は+15,000円の69,800円と86,800円 になります。

iPad miniでペン使いたかった人には最高

iPad miniは持ち運びサイズとしてはiPadの中では一番の機動力を誇っています。そのminiにAirと同じチップが乗っているならば最高なのではないでしょうか。

ただ全くデザインに変更がないiPad miniですからね、touchIDを除けばほぼ初代と区別はつかないので欲しいぞ!!っていう気持ちではなく「まっ買い換えるか」という感じでしょうか。

立ち位置が微妙なiPad Air

正直なことを言うと立ち位置が微妙すぎる、というのもベースがiPad Pro 10.5インチということで現行iPad Pro 11インチに同等(実際は数ミリデカイ)。

ただ、価格面で言えば1つ前のiPad Proが15,000円OFFになった!こう考えると安い。しかもチップは最新モデル。

ありなのか?しかし人間の欲というのは怖いものでiPad Pro 11インチが見え隠れするのがここ。3万円足しちゃうと買える…。

Author: paseri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です