ソフトバンクからXperia 1発表 スペックダウンが明らかに!

2019年ソニーモバイル渾身の作と言わんばかりに発売前からメディア多く登場していたXperia 1がついに国内発表。ソフトバンク販売モデルが最初の発表となりました。

しかし噂はありましたが、スペックダウンしてしまいました。

ストレージがスペックダウン

まさか、「 Cinema Pro(シネマプロ) 」とカメラを全面に押し出してきたのに、ストレージが海外モデルでは128GBだったのが64GBへとスペックダウン。今までも、メモリが香港モデルが一番多いということは多々ありましたが、UK版などとは変わらないなどと言い訳はできていましたが、今回はどうしましょう。まさかストレージが減るとは夢にも思わず…。

とはいえ、国内向けXperiaとしては64GBが最高なのは変わらないので減りはしなかっただけまだマシです。

グレーは無し

画像:ソニーモバイル UK

海外モデルではカラーバリエーションとしてブラック、ホワイト、パープル、グレーの4色で発表されました。

画像:ソニーモバイル JP

ソフトバンクモデルではブラック、ホワイト、パープルの3色展開。

国内のスマートフォン市場はほぼiPhoneに駆逐されてしまったがゆえにキャリアも消極的なようです。売れなさそうなカラーは元から仕入れない。これははじめての事態ですかね…。

Author: paseri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です