ドコモよ!料金プランは割引前の価格で教えろ!!『docomo 5G』料金発表

NTTドコモが次世代携帯電話通信規格の5Gの料金を発表。

『5Gギガホ』『5Gギガライト』の2種類なのでLTE時代の『ギガホ』『ギガライト』の名前を引き継ぎました。

そして料金の発表もすべての割引した後の価格で発表したので割引前の価格で新料金を見ていきたい。

5Gギガホ 割引前の価格

月額利用料 7650円で100GBまでの使い放題プランとなっています。

それに音声プランが下記の通り

家族間通話無料5Gギガホ内包家族間通話:0円
家族外通話:30秒あたり20円
かけ放題オプション1700円国内かけ放題
5分通話無料オプション700円5分以内通話:0円
5分超過分:30秒あたり20円

5Gギガホ割引一覧

通話オプション 最大12ヶ月割引700円割引
dカード払い170円割引
みんなドコモ割 500円割引(2回線)
1000円割引(3回線以上)
ドコモ光セット割1000円割引
割引最大時の合計2870円割引

5Gギガホオプション盛って最大割引後

5Gギガホ+かけ放題-すべての割引=6480円

知らない間に料金プランの割引にdカードまで含んでいたのですね。

5Gギガライト 割引前の価格

~1GB 【ステップ1】3150円
~3GB 【ステップ2】 4150円
~5GB 【ステップ3】 5150円
~7GB 【ステップ4】 6150円

利用可能データ量は7GBまででそれ以降は128kbpsの超低速通信のみ使えます。

家族間通話無料5Gギガライト内包家族間通話:0円
家族外通話:30秒あたり20円
かけ放題オプション1700円国内かけ放題
5分通話無料オプション700円5分以内通話:0円
5分超過分:30秒あたり20円

5Gギガライト割引一覧

dカード払い170円割引
みんなドコモ割 500円割引(2回線)
1000円割引(3回線以上)
ドコモ光セット割1000円割引
割引最大時の合計2170円割引

5Gギガライトでは通話オプションに対する700円割引がなく最大2170円までとなっています。

5Gギガライト7GB使い切って割引した金額は

5Gギガライト(7GB使用)+かけ放題オプション-割引=5680円

800円程安くなりましたが7GBまで使い切る方はヘビーユーザーなので5Gギガホに流れそうな気もします。

5G契約する意味はあるの?

今年3月から正式運用開始の第5世代移動体通信『5G』ですが今はまだ契約する必要性がない気がします。

エリアが狭い

NTTドコモが5G利用可能エリアをPDFファイルとして提供していますが、驚くことに施設単位。駅に至っては出入口名周辺、ドコモショップ店名レベルのエリアの狭さ。

ドコモショップですら全国29店舗のみ。都内だと丸の内店、五反田店、調布R20店、木場店、日本橋店。大阪だとグランドフロント大阪店のみ。福岡に至ってはドコモショップではありません。福岡は福岡視聴者ふれあい広場周辺とFukuoka Growth Next施設内周辺。

【リンク先PDFファイル】5G通信利用可能施設・スポット一覧(2020年3月末時点)

2年縛り撤廃で更に高く

2年縛り撤廃によるLTEのギガホ・ギガライトよりも670円値上がり。

つまり5G対応基地局が少ない現状だとLTE基地局に接続するのでお金の無駄になります。今後エリアが拡大して大都市圏のすべての地域で使えるレベルになった時に考えましょう。

Author: paseri

公開日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です