機種変悩む『Xperia 1II』と高そうで手が出ない『Xperia Pro』発表。どうせ発売は5月以降でしょ!

ソニーモバイルの2020年1発目となるXperia発表回。今年は中国武漢を震源とした新型コロナウイルスの影響でMWCが中止になりYoutubeで発表となった最新のXperiaたち。

フラッグシップモデルの『Xperia 1 II』と業務用プロモデル『Xperia Pro』、ミドルクラスの『Xperia 10 II』の3機種が発表となりました。

なんと言っても5G回線対応のXperiaとなるので欲しい気持ちは満載なのですがそれ以外でどこが進化したのでしょうか。

爆誕!大型新人Youtuber『Mitsuya Kishida』

怒られそうなコラム名ですが、MWCで発表する時の動きをそのままスタジオで行ったため、歓声もシャッター音もない、ものすごくYoutuberっぽさを醸し出すソニーモバイル岸田社長。スパチャができないのできっと新人 Youtuber でしょう。今後の活躍に期待です。

フラッグシップ『Xperia 1 II』

画像:SONY UK

Xperiaよりもソニーファンが毎回悩まされるソニー製品の命名。ついにソニー本体と同じく品名をそのままにしてバージョンを上げていく方向になったようです。

国内では「Xperia 1 II」と個人がツイッターで書くことが多いですが、海外だと「Xperia 1 mkII」という表記が目立ったので当ブログは書き方は「Xperia 1 II」読み方は「Xperia マーク2」でいきます。

今回の「Xperia 1 II」では静止画、つまりカメラが最大の売りとなります。前回の「Xperia 1」では「シネマPro」アプリを搭載し21:9というアスペクト比などから動画に特化したモデルでした。

一番の売りは静止画のカメラ!

中国ファーウェイ Mate 10 Proから始まった「スマートフォンカメラ大戦争」、ライカブランドをぶら下げてきた中国製品が人気になりました。そしてソニーのカメラといえば「GMasterレンズ」とは行かず、コンデジやその昔よくお世話になっていた「Carl Zeiss」ブランドを持ってきた。 「ZEISS T *コーティング」が施され反射を低減する。

画像:SONY UK

ソニーデジタル一眼カメラの「α」シリーズの開発者と共同開発とお役所より縦割り行政な会社にしては珍しく本気でカメラに力を入れてきた。

「Xperia1」と同じくメインは24mmカメラでこちらのみBIONZ Xを搭載。 24mmカメラ ではリアルタイムAF及びAF/AEで秒間最大20連写が可能今後のファームウェアによってRAWがサポートされるとのことです。16mmと70mmカメラは、 秒間最大10連写 のAF/AE とのこと。AF処理能力はそれぞれ最大60回と30回分計算されているので1枚あたり3回オートフォーカスと露出調整が行われている。

画像:SONY UK

新アプリ「Camera Pro」のUIは完全にデジタルカメラそのもの。そうなるとやっぱり前作Xperia 1と同じくカメラを超広角カメラと望遠カメラをケチったのが悲しい。

おかえりジャック!オーディオも進化!

画像:SONY UK

2年ぶりに奴が帰ってきましたイヤホンジャック!なくてもいい人もいるけどやっぱりあると便利なイヤホンジャック!

またソニー本体が推し進めている「 360 Reality Audio 」に対応、疑似立体音響で360度様々な場所から音がなっているように感じられる技術で、オープンフォーマットMPEG-H3D Audioがベースなので 「Amazon Music HD」 などの立体オーディオ対応曲などを再生できる。

スマートフォンにHDMI入力!?「Xperia Pro」

画像:SONY UK

放送業務用のXperiaでベースは「Xperia 1 II」と同じで5G回線に5ミリ波を追加。

筐体はは低誘電率素材を採用し樹脂のため放熱率を高めるためボディサイズも1回り大きくなっています。またXperia 1IIにあるワイヤレス充電は非対応。

画像:SONY UK

一番盛り上がったのはこのHDMI入力端子を備えている点。ニュース番組なら5G回線での中継放送。個人でもライブ配信に使えるので気になる人には気になる機能です。

まとめ

一番悩ましいのはXperia 1を買った方でしょう。かくいう私もそうです。ブロガーミーティングに行くほど筐体としての仕上がりが美しかったあの機種。当面買い換えないだろうと思っていたのですがまさかのカメラ強化。一番欲しいところを強めてきた。なんて奴らだ。いや、なんかブロガーミーティングのときに開発者と話してた時色々含みのある話を聞きましたが、まさか翌年のモデルでサラッと出してくるのだから困る(HDMI入力など)

ただ、ただですマーク2です!ソニーのマークシリーズは奇数が勝ち!α7シリーズもマーク3で飛躍的な進化、RX100シリーズも奇数で飛躍的な進化。これはマーク3が出るまで待つのがベスト!!!

ベスト!!!!!欲しいけど!!!!!ソニーモバイルさん……貸して;

Author: paseri

公開日:2020年2月25日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です