信頼と実績のSanDiskが出すUHS-II対応高速SDカード

 昔からカメラのストレージといえばSanDiskと言われるくらい老舗のフラッシュメモリメーカー。
 ただ悲しいことに近年Western Digitalに買収され100%子会社になりWestern Digitalの一つのブランドとなってしまった。Western Digitalは日立グローバルストレージを買収し、先日そのHDDからHGSTブランドを終了すると発表。SanDiskのSSDも今ではWestern Digitalのステッカーに貼り変わったものもある。
 数年後にはSanDiskという文字が見れなくなる可能性もあるのが実に寂しい限り。もともとは東芝との共同開発と製造を行っていたのに悲しい限りである。

SanDisk『SDSDXPK-064G-JNJIP』

SanDisk SDSDXPK-064G-JNJIP
 実はSanDiskの国内正規品を買うのは初めての経験。SanDiskといえば”高嶺の花”という言葉が似合うほど高価格帯の筆頭でした。しかし近年ではかなり価格が下がり、UHS-II U3に関してみれば他社と同等程度になり、今ではSONYやLexarが高価格帯にいる。
 SanDisk『SDSDXPK-064G-JNJIP』についても1.3万円程度で購入が可能であり信頼と実績がある分恐れずに買える。
 今回もトップの座に座ると思って購入したので結果がたのしみです

CrystalDiskMark 6.0.0 1GiB・50MiBベンチマーク

左:ファイルサイズ1GiBで5回試行した平均値 右:ファイルサイズ50MiBで5回試行した平均値

 SanDiskがパッケージに書いた公称値は読込最大300MB/sで書込最大260MB/sとなっている。実際に1GiBを見れば読込252.7MB/sで書込217.8MB/sと堂々たる数字を叩き出した。
 ただし、ファイルサイズ50MiBの時はかなり速度低下が起き、読込が206.8MB/sと公称値から結構下がる結果に、書込に至っては83.3MB/sと何かの間違いだと思うほどの数値、ランダムアクセスに関しても書込は遅くなってしまいました。

 データ復旧ソフトRescue Proが1年間のみ使える。東芝とレスキューソフトの利用期限が同じですが、SanDiskは無期限保証となっているのでデータの復旧はできないものの故障時の交換が可能なのが魅力。ただし会社が存続しているかは不明。

実際にSDで写真データ4.98GB分転送

左:PCからSDカードへの転送 右:SDからPCカードへの転送

 実際にパソコンとの4.98GB分の写真データを転送を行った所、PCからSDへの書込で最初の出だしが遅く、トータルタイムの足を引っ張る結果に、転送速度の最大も190MB/s程度とCDMベンチマークをそのまま表した感じとなった。
 SDからPCへの転送に関しては207MB/sとなりカメラ撮影での実運用には全く問題がないのでやはり安心を買うというものですか。

【厳選6枚から高性能選ぶ】従来より高速 UHS-II対応のオススメSDXCカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です